Kcha 佐々木啓子

HOMEとんぼ玉ニットビーズKcha shopお問い合わせ

佐々木啓子紹介

佐々木啓子(ささきけいこ)     

  初めて編み針を持ったのは幼稚園だった。
  鈎針編から始め、小学校1年生でルームシューズを編み、3年生では半袖の上着を
  編んだ。4年生の時には棒針編のベスト、5年生でアフガン編のストールを編んだ。

  幼い頃より、専業主婦にはなりたくなくて手に職をつけようと思った。

  短大に進み、地元の編物教室に入り編物講師の資格を取ることにした。

  時は流れ、機械編も習い・・・・・
  取得した資格は

 ・ 社団法人日本編物文化協会 手編み師範 (1997)
 ・      〃       立体製図講師 (1997)
 ・      〃       マイコンニット講師 (2001)
 ・ 文部科学省認定 財団法人日本編物検定協会 毛糸審査員 (2002)

  当時、低迷していた編物だけではと思い、ビーズを始める。
  資格取得が趣味なので

 ・ 厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会 ビーズアクセサリー講師 (2004)
 ・          〃          フリーメタリコマスター (2006)
 ・ 文部科学省認可 財団法人日本余暇文化振興会認定
            ビーズアートステッチ認定インストラクター (2006)

  あまりに流行りすぎたビーズだけではと思い、とんぼ玉制作も始める。
  そしてさらに彫金も始めた。
  近年、酸素バーナーでのガラス制作を始めた。
  合間に、レザークラフトも少々。

  色々作ることはとても楽しい。
  毛糸、ビーズ、ガラス・・・色々な素材を組み合わせて、色々なものを創っていきたいと
  思っている。

  しかし、コンテストなどに応募しても入選したことは無い。
  作るからには、普段から気楽に身に着けたいと思い・・・・シンプルな物が好き。

  上記小学校5年の時の作品は当時母が習っていた先生の代理で編んだ。
  オーダー作品などの仕上げは、お客様に満足していただいている。

  色々な物を作ってきたけど、今はガラスに一番力を入れている。
  これからもずっと、物作りを続けられるようにしたいと思っている。


  佐々木啓子

Copyright (C) Kcha, All Rights Reserved.